前へ
次へ

学校教育の格差と教師に対するバックアップの話

学校の勉強というのは人生においてとても大切なものですが、それのありがたみを実感していない方も少なくありません。
それは教育の質の問題もありますが、学校教育の格差も問題としては大きいところがあるでしょう。
学校教育の格差というのは私立中学、公立中学の違いみたいなもので、学校の教育環境が単純に違うということが教育の格差につながっているという話です。
具体的に言うと、私立中学と公立中学の教師の質に差があることが、問題の根底にあるということです。
残念ながら教師のレベルもピンからキリまであり、だめな教師が存在するのも事実です。
だめな教師というのは生徒からの評判が悪い教師ということになりますが、中には評判が悪くても指導の質が高い教師もいます。
そういう教師の方は気の毒ですが、生徒へのセクハラなど、そうではない教師も少なくないので、もっと日の当たらなくてはいけない教師には日の当たるように周りもバックアップしてあげることが大切でしょう。

Page Top