前へ
次へ

授業に遅れをとらず基礎学力をつけることができる

学年が上がるごとに学校での勉強も難しくなるため、子供のためにも塾通いをさせる親はとても多いです。
でも塾へ通うとなるとそれなりにお金があるため、なぜ塾へ通わせるのか、利用をすることでどのような効果があるかも理解するようにします。
学校の授業は大勢の生徒が先生の話を聞いてインプットしていきますが、わからない箇所があっても気軽に質問はできません。
塾の場合は学校のクラスよりも少人数制のところが大半であり、気軽に質問をすることができます。
たくさんの学校の生徒の1人1人のペースに、学校の先生は合わせる事はできません。
だからわからない所をわからないままにして、結果的に授業についてはいけない子供も出てきてしまいます。
そこで塾通いの出番であり、塾は通うことでまずは学校で教わることの予習をして、学校の授業を受けたら塾で復習が出来るからです。
本人の苦手科目も塾というサポートで克服をしやすく、基礎学力をキチンと付けることができます。

Page Top